第100回 薬剤師国家試験 模範解答速報

薬剤師国家試験


第100回薬剤師国家試験(平成27年2月28日と3月1日)についての情報を公開しています。薬剤師国家試験の実施後には模範解答速報についての情報も提供します。

スポンサーリンク

第100回 薬剤師国家試験 試験概要

◆試験日
平成27年2月28日(土曜日)及び3月1日(日曜日)
◆試験地
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県
◆試験科目
(必須問題試験)
物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務 (一般問題試験) 薬学理論問題試験(物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理) 薬学実践問題試験(物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務)
◆受験料
6800円
◆合格発表
平成27年3月27日(金曜日)午後2時

薬剤師国家試験 講師になったストーリー

薬剤師国家試験の当日。 「終了時間となりました。それでは鉛筆消しゴムなどを置いてください。」試験会場に試験担当者の声が聞こえた。 薬剤師国家試験の2日目が終了したのである。 試験が終了し、退席していく受験生。 その中に暗い表情で歩く秋元麗華の姿があった。薬剤師の国家試験に合格するため、受験勉強に多くの時間を費やした。それにも関わらず、解けない問題がたくさんあったのである。 今年の薬剤師国家試験での合格は見込まれないだろう。 会場の出入り口付近では、模範解答速報を配布している業者のスタッフがたくさんいた。 秋元麗華には、模範解答速報をもらう気力もなかった。 来年の試験日までまた勉強を続けなければならないので、秋元麗華は大変憂鬱な気持ちで家に向かった。 翌日の朝、試験疲れも少し抜け、秋元麗華は前向きな気持ちに戻った。 そして、来年の試験にプラスになるように自己採点を始めようと決心した。 さっそくパソコンで模範解答速報が公開されているWEBサイトを探す。 模範解答速報はたくさんの業者のWEBサイトで公開されていた。 その中から有名な企業2つの模範解答速報を選びだした。 冷静になってから、自分の解らなかった試験問題を目にすると、過去の問題の応用であったことに気づくことができた。 試験問題が難しかったのではなく、試験当日に緊張していたことが 失点の原因であるとも気づくことができた。 この反省を踏まえ、次回の薬剤師の国家試験に関しては模試試験を複数受けて、試験慣れしようと対策を考えた。 模試試験を受験し、模範解答速報で自己採点すると、薬剤師の国家試験の合格ラインを超えていた。 1度とは言わず、3回模試試験を受けて、いずれも合格点であった。 これで、試験に合格できる。 これで万が一の結果であったならば、通信講座や講義の費用が無駄になってしまう。 そう自分に言い聞かせて、秋元麗華は資格取得へ目指して日々勉強と続けている。

薬剤師国家試験とは

薬剤師国家試験とは、薬剤師として必要な知識及び技能について行われる試験です。薬剤師法に定められていて、厚生労働大臣が毎年少なくとも1回行います。これに合格した者が、厚生労働大臣から免許を受けることができる。 受験するためには、学校教育法に基づく大学において、薬学の正規の課程を修めて卒業するか、外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で、厚生労働大臣が前号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定されることが必要である。

模範解答速報とは

模範解答速報とは、対策講座を開講している予備校や、教科書などを作成している業者がサービスとして受験生に提供しているものです。

スポンサーリンク