平成27年度 一級建築士試験 模範解答速報

一級建築士試験

平成27年度の一級建築士試験(平成27年7月26日)の最新情報ページです。一級建築士の資格内容、試験概要、通信講座、そして試験後に一級建築士試験模範解答速報を取得方法を紹介します。

スポンサーリンク

一級建築士試験とは

一級建築士試験とは、一級建築士資格を取得するための資格試験を言います。
平成27年度一級建築士試験の概要は、下記の通りとなっています。

平成27年度 一級建築士試験とは

一級建築士試験は、国土交通省が管轄する試験です。
受験受付は既に終了しています。

試験日
平成27年7月26日
試験実施地
住所地の各都道府県で受験します。

受験受付期間
インターネットによる受験申込
平成27年4月10日(金曜)午前10時 ~ 4月20日(月曜)午後4時
受付による受験申込
平成27年5月7日(木曜)~5月11日(月曜)(土曜・日曜日を含む。)

一級建築士試験 受験ストーリー

今日は、国立建人にとって最も緊張する日である。国立建人は、一級建築士の資格取得を目指してきた。今日が一級建築士の実施日であるからだ。一級建築士に合格するためには、多大な受験対策の時間を要する。国立建人は、勤務をしながら通信講座を利用して受験勉強を行っていた。キャリア志望している、勤務先でキャリアアップを狙うためにも今回の一級建築士試験に合格する必要がある。 一級建築士試験に合格できるか、そうでないかでこれからの会社員生活が決まる。 これまで、通信講座での受験対策と、先輩の建築士からのアドバイスによって受験対策に励んできた。 合格できるだけの知識をつけてきた国立建人は、それを十分に一級建築士試験の本番で、その成果を十分に発揮できれば合格できる見込みである。 試験が終了したことを知らせるチャイムが教室に響いた。 「それでは、筆記用具を机の上においてください。」 試験終了を知らせるベルの音に続いて、試験監督の声が聞こえた。 「これでひとまず終わった。」回答用紙の回収が終わり、退場してよいと試験監督から指示を受ける国立建人もほかの受験生とともに退席した。 試験会場を去ろうとしたとき、他の受験生が模範解答速報という紙を手にしているのが国立建人のの目に入った。 「その模範解答速報はどうしたの」 手に模範解答速報を持っている受験生に国立建人は声をかけた。 「あそこにいる一級建築士試験研究会のスタッフが模範解答速報を配っているよ。」 受験生は会場の門の方に立っている女性を指さして教えてくれた。国立建人が振り向くと、「一級建築士試験研究会」という腕章を付けた女性が模範解答速報を配っている。 国立建人は女性に近づいていった。 「私にも、その模範解答速報をください。」 その女性は国立建人に模範解答速報を手渡しながら、国立建人へ伝えた。 「どうぞ、この模範解答速報は一部分で、 後半の模範解答速報は明日の午前中、 私ども一級建築士試験研究会のWEBサイトで公開する予定です。 ぜひ、そちらで続きの模範解答速報をご確認ください。国立建人は、模範解答速報をもらうと、 これで早く自己採点をしたいという気持ちで一杯になった。

スポンサーリンク

模範解答速報とは、一般的に試験実施機関とは別の団体が受験生の自己採点のために作成するものである。一級建築士試験の模範解答速報を手に入れる方法を紹介します。まず、試験日の会場付近で模範解答速報を受験対策学校のチラシと共に配っている人がいます。そこで手に入るのはごく一部です。帰宅してからは、各受験対策学校のサイトを確認してください。そちらでは、数日後に一級建築士試験の全科目を公開しています。

有名な受験対策学校のサイトで発表されている模範解答速報ですが、毎年2問くらい異なるものがあります。模範解答速報の信頼は9割5部ぐらいで考えておくと良いでしょう。


スポンサーリンク